それぞれ種類を解説します

レーシックには術式によりイントラレーシックやレーゼック、PRKなど種類があります。それらを説明していきます。

術後データ

各医院の術後データを見ると、手術後6カ月での視力1.0以上の割合が98.3%(錦糸眼科)や98%以上が1.0以上に回復(SBC新宿近視クリニック)などという実績があります。

レーシック治療解説

各施術の詳細です。

レーシック
レーシックとは、レーザーを用いて視力回復をする治療法です。角膜の表面を薄くフラップを作成します。そのフラップをめくりエキシマレーザーを照射して視力を矯正します。
レーシックの特徴はマイクロケラトームという小型のカンナのような精密機械を使ってフラップを作ります。そのため執刀医の技術やマイクロケラトームの精度のためにフラップが厚いといった懸念点もあります。
イントラレーシック
イントラレーシックとはレーシックの進化型です。現在のレーシック治療の主流となる術式です。従来のレーシックとの違いはフラップの作り方です。イントラレーシックの場合イントラレーザーというレーザー機器でフラップを作ります。
イントラレーザーは一定の深さにエネルギーが放出されるのでフラップの厚さが一定になります。またイントラレーザーの方が、従来のレーシックよりもフラップを薄く作成できるため、レーシックで対応できなかった重い近視の方でも手術ができます。
レーゼック
ラセック(LASEK)ともいいます。角膜上皮層という50ミクロンの厚さしかないところでフラップを作ります。そのためレーシック、イントラレーシックよりもフラップが薄いため、角膜の薄い方や格闘技など眼に強い衝撃を受けやすいスポーツをされる方におすすめです。
ただし術後の視力回復が遅く、眼の痛みが数日続き、まれに角膜混濁が生じるなどの限界があります。
PRK
レーシック以前に主流だった治療法です。フラップを作成しない術式です。点眼麻酔後にゴルフメスやレーザーで角膜上皮を除去した後、ボーマン膜の上からエキシマレーザーを照射します。
術後は角膜上皮層が再生するまで治療用コンタクトレンズを装着します。術後の視力回復が遅く痛みがあるため現在ではレーシックが主流となります。

レーシック医院を比較

神戸神奈川アイクリニック
生涯保証とアフケーケアの充実と大手ならではの安心感が魅力的。多くの方に支持されています。
予約はこちら
費用 施術名 価格 保証期間 日帰り
スタンダードレーシック 15万円(税込) 3年
iFS イントラレーシック 25万円(税込) 3年
アイレーシック 30万〜40万円(税込) 3年〜15年
詳細情報 症例数 無料説明会 適応検査 アベリーノ検査
46万222症例(2016年8月末日現在) あり 無料 無料
アフターケア 保証内容 割引/特典 地域
無料 再治療/術後検診・相談/合併症治療 交通費補助で1万円割引 東京(新宿)/大阪(梅田)/福岡
神戸神奈川アイクリニック
品川近視クリニック
日本一の症例数を誇る大手クリニック。ドクターの数も一番、最新機器を惜しみなく導入しています。
予約はこちら
費用 施術名 価格 保障期間 日帰り
スタンダードレーシック 7万円(税抜) 1年
イントラレーシック 8.6万〜14.7万円(税抜) 3〜5年
Zレーシック 20.4万〜29.7万円(税抜) 8〜10年 10,000円割引(片目の場合は半額)
詳細情報 症例数 無料説明会 適応検査 アベリーノ検査
120万以上 無料 1万円(手術を受ける場合は無料)
アフターケア 保証内容 割引/特典 地域
無料 定期検診、1回目の再手術 交通費補助が最大1万円 東京(有楽町)/札幌/名古屋/大阪/福岡
品川近視クリニック
SBC新宿近視クリニック
オリコン顧客満足度ランキング総合第2位の人気。低価格と保障が充実しているクリニック。新宿/大阪。
予約はこちら
費用 施術名 価格 保障期間 日帰り
SBKレーシック 9.4万円(税込) なし +0円
イントラレーシック 19.8万〜27.8万円(税込) 1〜2年
詳細情報 症例数 無料説明会 適応検査 アベリーノ検査
10万以上 あり 無料 無料
アフターケア 保証内容 割引/特典 地域
無料 定期検診、再手術、合併症治療 学割1万円、託児補助最大1万円、家族割・グループ割など 東京(新宿)
SBC新宿近視クリニック