フラップの作り方が違います

特に違う面はフラップの作り方。レーザーにより作られたフラップは薄さも回復力も違います。

イントラレーシックとレーシック

イントラレーシックでは100μm(マイクロメートル)という薄さでフラップが作れます。そのため角膜が薄くて重い近視の方でも治療可能となりました。

その違いを比較します

イントラレーシックとレーシックの違いを比べました。

フラップの違い

イントラレーザーによるフラップはマイクロケラトームよりもはるかに滑らかな面で、正確な厚さにすることができます。フラップが薄いと角膜が安定し視力の回復に有利となります。

その薄さはマイクロケラトームが160μmに対してイントラレーシックでは100μmと大幅に薄くなります。その分角膜ベッドが60μm厚くなるので矯正できる度数に余裕がでます。

またイントラレーシックのフラップのエッジは直角で、マンホールのような形状となります。そのためズレやシワが起こりにくい、非常に安定したフラップが得られます。

角膜ベッド

例えば角膜が500μmの厚さで-10Dの近視があると、切除の深さが120μmとなり角膜ベッドが薄すぎて従来のレーシックができませんでした。しかしイントラレーシックはフラップが100μmと薄いため、角膜ベッドが300μmとなり治療が可能です。

イントラレーシックの優れた点

  1. クリアな視界が得られる
  2. 精密で滑らかな、安定したフラップ
  3. 角膜が薄い方や強度近視でも受けられる
  4. フラップのエッジが直角なのでシワやズレが起こりにくい
  5. フラップやヒンジの位置が正確に作れる
  6. レーシックより夜間のハロやグレアが起こりにくい
  7. レーシックより夜間の視力が優れている

イントラレーシックの問題点

  1. イントラレーザーの治療が高価であり、レーシックよりも高め
項目 レーシック イントラレーシック
フラップ作成 マイクロケラトーム イントラレーザー
フラップ厚さ 100μm 160μm
角膜ベッド 300μm 240μm
術後の回復(1.0) 94% 95%
術後の回復(1.5) 29% 43%
コントラスト低下 約3.1% 約1.1%
安全性 上皮欠損が約5% 上皮欠損が約0.3%

レーシック医院を比較

神戸神奈川アイクリニック
生涯保証とアフケーケアの充実と大手ならではの安心感が魅力的。多くの方に支持されています。
予約はこちら
費用 施術名 価格 保証期間 日帰り
スタンダードレーシック 15万円(税込) 3年
iFS イントラレーシック 25万円(税込) 3年
アイレーシック 30万〜40万円(税込) 3年〜15年
詳細情報 症例数 無料説明会 適応検査 アベリーノ検査
46万222症例(2016年8月末日現在) あり 無料 無料
アフターケア 保証内容 割引/特典 地域
無料 再治療/術後検診・相談/合併症治療 交通費補助で1万円割引 東京(新宿)/大阪(梅田)/福岡
神戸神奈川アイクリニック
品川近視クリニック
日本一の症例数を誇る大手クリニック。ドクターの数も一番、最新機器を惜しみなく導入しています。
予約はこちら
費用 施術名 価格 保障期間 日帰り
スタンダードレーシック 7万円(税抜) 1年
イントラレーシック 8.6万〜14.7万円(税抜) 3〜5年
Zレーシック 20.4万〜29.7万円(税抜) 8〜10年 10,000円割引(片目の場合は半額)
詳細情報 症例数 無料説明会 適応検査 アベリーノ検査
120万以上 無料 1万円(手術を受ける場合は無料)
アフターケア 保証内容 割引/特典 地域
無料 定期検診、1回目の再手術 交通費補助が最大1万円 東京(有楽町)/札幌/名古屋/大阪/福岡
品川近視クリニック
SBC新宿近視クリニック
オリコン顧客満足度ランキング総合第2位の人気。低価格と保障が充実しているクリニック。新宿/大阪。
予約はこちら
費用 施術名 価格 保障期間 日帰り
SBKレーシック 9.4万円(税込) なし +0円
イントラレーシック 19.8万〜27.8万円(税込) 1〜2年
詳細情報 症例数 無料説明会 適応検査 アベリーノ検査
10万以上 あり 無料 無料
アフターケア 保証内容 割引/特典 地域
無料 定期検診、再手術、合併症治療 学割1万円、託児補助最大1万円、家族割・グループ割など 東京(新宿)
SBC新宿近視クリニック